中野区新中野の整形外科 リハビリテーション科 新中野整形・リハビリテーションクリニック 中野富士見町

中野区新中野の整形外科 リハビリテーション科 新中野整形・リハビリテーションクリニック

中野区新中野の整形外科 リハビリテーション科 新中野整形・リハビリテーションクリニックの診療時間は(月・火・木・金)9:00~12:30 15:30~18:30 土曜は9:00~13:00 休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日

中野区新中野の整形外科 リハビリテーション科 新中野整形・リハビリテーションクリニックの電話番号03-6382-5452

中野区新中野の整形外科 リハビリテーション科 新中野整形・リハビリテーションクリニックは丸の内線「新中野」駅より徒歩4分

中野区新中野の整形外科 リハビリテーション科 新中野整形・リハビリテーションクリニックはネットから予約できます

PFC-FD™療法
(再生医療、バイオセラピー)

人間には元来、自分の身体を治癒し、再生する能力が備わっており、その中心的役割を血小板が担っています。

血液中の血小板には、出血したり、身体が傷ついたときに患部に集まって止血、修復を促す役割があります。

血小板を高濃度に含んだ血漿にはさまざまな成長因子も含まれ、細胞の成長、増殖、炎症の制御を行っています。

PRP療法はこの血小板を高濃度に含んだ血漿を血液から抽出して使用する方法です。

PFC-FD™とは

ご自身の血液から多血小板血漿(PRP)を抽出し、成長因子の活性化処置を行うことでさらに有効成分を高濃度に濃縮したものを凍結乾燥し、長期保存できるように加工したものがPFC-FD™です。

PFC-FD™とはPlatelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dryの略で、セルソース株式会社の提供する商標です。

PFC-FD™は高濃度の成長因子のみが含まれ、血小板、細胞成分は除去されています。

(PFC-FD™には傷の修復に働く成長因子が一般的なPRPの2倍以上含まれています。)

PFC-FD™に含まれる成長因子

抗炎症作用、修復促進作用、コラーゲン産生を促進する作用に働きます。

PRP療法PFC-FD療法™はどちらも、個人の持つ回復能力をうまく引き出し、組織治癒を促すバイオセラピーの1つです。

他人の組織や人工物を使用する治療と比較すると拒否反応や感染症のリスクなどの副作用が少ない治療といえます。

多くのプロスポーツ選手でも外傷、障害の治療にこれらの治療方法は採用されています。

患部に注入することにより抗炎症作用や鎮痛作用の継続的な効果を期待する治療方法です。

PFC-FD療法™についてのより詳しい情報は下記よりご覧ください。

PFC-FD™療法の特徴

①自己修復機能の促進

成長因子の働きによって、注入部の自己修復機能が促進されると考えられます。

②自己血液を使用したオーダーメイド治療

ご自身の血液から抽出した成長因子を使用するオーダーメイド治療です。

③注射による治療

膝関節、腱の付着部などに注射器を使って注入する治療のため手術の必要はありません。

再生医療には、これら以外にも様々な手法がありますが、PFC-FD™療法が最も簡便で効果が期待できると考え、当院で導入することにいたしました。

「現在の治療に満足できないけれど、手術はしたくない」といった患者様は試してみる価値がある治療と考えております。

対象疾患

  • 変形性関節症(肩、股、、手関節、肘関節、母指CM関節など)
  • 肩腱板損傷、各種靭帯損傷
  • 炎症性疾患(テニス肘ゴルフ肘、膝蓋腱炎、アキレス腱付着部炎、足底腱膜炎など)
  • 外傷後(膝・肘の内側側副靭帯損傷、膝半月板損傷、アキレス腱断裂、肉離れなど)

PRP療法とPFC-FD™療法の違いは?

PFC-FD™療法はPRPから濃縮した成長因子だけを抽出し、凍結乾燥させています。

PFC-FD™では血小板、白血球などの細胞成分は含まれないため投与直後の炎症や痛みも少ないという特徴があります。

PFC-FD™はフリーズドライ加工が施されているため常温で長期間保管が可能です。

(加工から6ヶ月まで保存可能で、部位、症状に合わせて数回に分けての注入も可能です。)

(PRP療法では採血同日に使用する必要があります。)

PFC-FD™完成後すぐに来院できないといった場合でも問題はありません。

プロサッカーチームでもシーズン前に各選手のPFC-FD™を作成しておき、外傷時に速やかに使用できるように準備しているチームも増えてきています。

治療の流れ

  • ①受診
  • ②問診、診察、採血(50cc)
    これまでに受けた治療の内容や、画像などがあればご持参くださいPFC-FD™療法の適応があるかを判断します。治療希望の場合は、採血の予定を立てます。もちろん説明を聞いてから少し考えていただいてもOKです。
  • ③当院と契約している再生医療センターに配送
  • ④センターにて分離、血小板の活性化、成長因子の抽出、フリーズドライ化(3週間程度)
  • ⑤当院にPFC-FD™到着
  • ⑥PFC-FD™を注射
    来院時に溶解したPFC-FD™を患部に注射します。エコー使用したに正確に患部に到達させます。当日の激しい運動、入浴は控えてください。

治療上の注意

PFC-FD™療法は新しい治療なので公的保険の適用外となり、自由診療という枠組みの中で行われています。

そのため、治療費が全額自己負担となり高額になってしまいます。

当院では、PFC-FD™の作成は認可を受けた加工専門施設に委託しております。

個人の血小板や成長因子の働きには個人差があるため、治療効果は人によってばらつきがあります。

費用のご案内

PFC-FD™治療は保険適用されず自費診療となります。

価格 220,000円(税込)

血液採取後の検査で感染症陽性反応が出た方は治療ができません。

感染症陽性となった場合は、検査代11,000円(税込)のみいただきます。

ご了承くださいませ。

詳しくは担当医・理学療法士・当院スタッフにご相談下さい。

変形性頚椎症
頚椎椎間板ヘルニア
ストレートネック(スマホ首)
頚椎捻挫(むち打ち損傷)、外傷性頚部症候群、寝違え
胸郭出口症候群
肘部管症候群
テニス肘
ゴルフ肘
野球肘
肘内障
肩腱板損傷・断裂
肩石灰沈着性腱板炎
肩関節周囲炎
(四十肩、五十肩)
凍結肩(frozen shoulder)
・拘縮肩
頚肩腕症候群・肩こり
ギックリ腰(急性腰痛症)
腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
脊柱側弯症
胸腰椎圧迫骨折
腰椎分離症・分離すべり症
ガングリオン
ドケルバン病
ばね指
母指CM関節症
指変形性関節症(へバーデン結節、ブシャール結節)
手根管症候群
ギオン管症候群(ギヨン管症候群、尺骨神経管症候群)
突き指・マレット指
膝半月板損傷
膝靭帯損傷
オスグット病
変形性膝関節症
足関節捻挫
アキレス腱断裂
外反母趾
有痛性外脛骨
モートン病(モートン神経腫)
足底腱膜炎
Jones骨折(ジョーンズ骨折・第5中足骨近位骨幹部疲労骨折)
足部骨端症
扁平足(flat foot)・開張足
関節リウマチ
高尿酸血症と痛風発作
ロコモティブシンドローム
骨粗鬆症
グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)
大腿臼蓋インピンジメント症候群(FAI)
股関節唇損傷
変形性股関節症
大腿骨近位部骨折
運動器不安定症
フレイル
サルコペニア
モヤモヤ血管治療(動注治療)のご案内
PFC-FD™療法(再生医療、バイオセラピー)のご案内
ハイドロリリース・プロロセラピー(エコーガイド下)
労働災害保険(労災)での受診
交通事故での受診
第三者行為での受診

このページの先頭へ戻る